スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬券配当30億を手にした男の悪夢・・・税制

本日はネタ:おかしな税制のお話

週刊誌等で話題になっているのでご存知の方もいらっしゃる
でしょうが、競馬で配当30億円取った方がおります。
市販の馬券購入ソフトを改良して、システム的に賭け続け
100万の元手からそれだけの配当を得たようです。
まさに、必勝ソフトですね。

その点だけを取り上げてみれば、夢のようなお話。すげーよ。

その馬券配当を取るために、どれだけ馬券を購入したか
というと、28億強。実質、1億8千万ほどの
利益だそうです。

そこまでであれば、まだまだ、夢のようなお話。いいなー。
みたいな感じなのですが、ところがどっこいしょ。

この国のおかしな税制の罠というか、落とし穴にはめられてしまい
夢が、悪夢に変わってしまったのです。

この国では、馬券配当は雑所得という範疇に入る課税所得に分類されます。
以前は、年間90万円以上からでしたが、今は、50万(なのかな?w)
その際に控除される部分はというと、的中馬券の購入金額のみなのです。
つまり、1点10万円で10点トータル100万円の馬券を購入し
10倍の当たりを的中、配当100万円を手にしたとします。
すると、ハズレ分90万円は控除対象にならず、的中馬券の10万円
だけが控除としてみとめられ、100-10=90万円が課税対象と
なってしまいます。
プラマイゼロなのに、税金を取られるんですよ。

この方の場合、PATというインターネット投票でやっていたので
いくら賭けて、いくら配当をとって、いくら儲けたか、
という部分が明確なわけなんですが、
純益1億8千万に対して、配当金総額30億を課税対象として計算して
莫大な税金(追徴課税含む)を課してきたことから問題になって
今、まさに裁判が行われているという状況です。

税務署員の言い分は、「法にのっとって、徴収してる」
でも、実際手にした金額以上のものに課税していることは
わかっててやってるんですよね。
ひどすぎます。
弱いものいじめも甚だしい。
これが、「悪法といえども法なり」という現代法治国家の
最悪の矛盾、彼は、「法」によって、人生を狂わされることに。
普通のサラリーマンが、億単位の追徴課税を払うことができる
とでも思ってるんですかね?

あるところからとれよ>税金 のお話でした。


ではねー。




ブログランキング登録してみました。
原発の早期収束を願って、ポチっとお願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

FX口座紹介    "
私のスキャルピング口座
ヒロセ通商のご紹介

毎月のキャンペーンが豊富で
取引ツールも使いやすいです。

申し込みは下記バナーより

プロフィール

FX松楠

Author:FX松楠
新シリーズ、FXスゴロクでgo!にチャレンジ開始。
メイン通貨はドル円です。

4thシーズンとして実行中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別記事
カテゴリ
FC2カウンター
ご来訪ありがとうございます
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。